億万長者 自分の年収は自分で決める理由。

億万長者 になるためには、独立起業するのが近道です。

何故なら自分の収入を自分で決めることができるからです。あなたが年収1億円欲しいなら、その瞬間に、目標は1億円です。

実際に達成できるかどうかは別として、1億円稼ぐにはどうしたらいいか、アイデアを考えたり、実際に行動してみることはできます。

ところが会社員だと、「年収1億円欲しい」とは、なかなか言えません。「正気か?」と思われてしまします。(笑)

1億円どころか、1,000万円でも気後れすることでしょう。

あなたが1億円もらうには、それ以上、会社に利益をもたらしている必要があるからです。そんな社員はなかなかいません。

よほど能力のある人や、自信のある人なら、1億円くれと本気で言えるかもしれませんが、普通は飲み会などで、冗談で同僚に言うくらいです。

もちろん会社員でも、億単位で稼げる人はいます。でも会社員は、基本的に自分の収入を自分で決めることができません。

ここで大事な点ですが、本気で目標にするのと、冗談で言っているのとでは、行動がまったく違ってくるということです。

本気で1億円を目標にしている人は、どうやったら1億円稼ぐことができるか、常に考えます。そしてアイデアを思い付いたら、実際に試すという行動を起こします。

もし上手くいったら、本当に1億円稼げるかもしれないので、真剣です。

ところが冗談で話しているレベルでは、まず行動までに至りません。

行動と結果は切り離すことができないので、何か行動しないことには、「成功」や「失敗」といった結果は出ません。

本気で考えたからといって、必ず成功するわけではありませんが、行動したこと自体が大事なのです。

行動したら行動した分だけ、経験やノウハウが蓄積されます。たとえ失敗しても、そこから学ぶことも多いのです。

行動しない人は、失敗することはありませんが、成功もありません。

会社員だと、良いアイデアを思いついても、「会社が儲かっても、どうせ私は儲からない」ので、なかなか行動しようと思いません。しかも上司や同僚を説得する手間もかかります。

だから独立開業が手っ取り早いのです。自分の年収を自分で決めることができるし、思い付いたら即行動できます。誰も説得する必要はありません。

自営業でもかまいませんが、自分の会社を持つと、活動の幅が広がります。最初は自営業や副業で小さく始めて、儲かってから会社を設立しても遅くはありません。

逆にあなたが既に経営者の立場なら、会社に貢献してくれた社員には、本当に「1億円払う」くらいの気概を示すと、優秀な人材が集まり、社員も本気で挑戦する会社になるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






億万長者養成講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。