億万長者 仕事と作業の違いを区別する。

億万長者 になるためには、仕事と作業の違いを明確に区別する必要があります。

あなたが専念しなければならないのは、仕事です。仕事には「何かを作り出す」という意味があります。

作業のほうは、どちらかというと、身体や頭を使って行なう労働のようなイメージです。

仕事はあなたしかできませんが、作業は社員やパートに任せることができます。

例えば、商品のダイレクトメールを、お客様に送る時のことを考えてみましょう。普通は以下のような流れになります。

DM作成 → DM印刷 → 宛名書き → 封筒に入れる → 発送 → 注文受付 → 商品発送 → 入金確認 → 関連商品につなげる

あなたの仕事になるのは、「全体の仕組みを構築すること」と「採算が取れるように組み立てること」です。

DMを印刷したり、発送したりすることは、作業として誰でもできます。

あなたは、商品が売れるまでの全体の仕組みを構築しなければなりません。

1つの商品が売れるまでには、いろんなことが必要です。それらを上手くつなげて、売れる仕組みを作ります。

しかもその仕組みで、採算が取れるようにしなければなりません。

プラスになれば事業を続けていくことができますが、マイナスなら働けば働くほど赤字になります。

採算が取れるようにするには、商品が売れるように、DMの文章を考えたり、文章を練ることが必要です。DMを開封してもらうための工夫も必要です。

また、どんな商品なら売れるのか、受付方法はどうするか、どんなトークにするかなど、考えることはたくさんあります。

もしかしたら、最初に販売する商品では、採算が取れないけれど、リピートや関連商品の購入などで、プラスにできるかもしれません。

そうなると、繰り返し購入しやすい仕組みを考えたり、どんな関連商品なら売れるのか考える必要も出てきます。

大事なことは、全体を把握して、利益がでるような仕組みを構築することです。

このような「考える」という活動は、頭を使うのでとても疲れます。でもそれがあなたに大事な仕事なのです。

最初はあなた一人で、全て行なう必要があるかもしれません。でも一度利益が出る仕組みが出来上がれば、他の人に任せられるようになります。

他の人に任せる場合は、誰でもできるくらいまで、作業を分解しておくことがコツです。

小さな会社では、社長の大事な仕事は、仕組みを作ることです。その中には集客も含まれます。新聞の記事として取り上げられたり、テレビに出ることも、最終的には集客につながります。

集客という大事な仕事を、営業マンに頼っている会社は上手くいきません。営業マンの仕事は、お客様の質問に答えたり、販売することです。

集客は社長の仕事です。社長自ら集客に力を入れている会社は伸びます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






億万長者養成講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。