仕事を人に任せる度量の広さが必要です。

あなたが 億万長者 になるためには、仕事を人に任せられる度量の広さが必要です。

1日は24時間しかありません。睡眠時間や食事の時間など、生きていくために必要な時間を引くと、仕事に使える時間は限られています。

仮に1時間で1つできる仕事があると、せいぜいできるのは 12くらいです。

不眠不休で頑張っても、最大でも 24しかできません。人間は何日も徹夜することはできないし、翌日は疲れて作業量が減るので、これが限界です。

でも他の人に仕事を任せることができれば、100にも200以上にも増やすことができます。

優秀な人ほど、自分で何でもできるので、つい自分でやったほうが速く、正確で、効率が良いと思ってしまいます。だから、なかなか人に任せることができません。

お金の面でもそうです。

ビジネスを始めたばかりの頃は、全て自分でやらなければなりません。そのほうが資金的なリスクは小さくなります。

しかしビジネスを拡大する時期になると、どうしても人に任せる必要がでてきます。

例えば、一つの仕事で100万円になるとしたら、自分だけでこなせば、100万円が全て自分のものです。人に任せると、90万円かかり、自分の取り分は10万円になるとします。

でも、10人に任せれば、同じく100万円になります。
10万円 × 10人 = 100万円

さらに自分の取り分を、1%の1万円にしても、1,000人に任せれば1,000万円になります。
1万円 × 1,000人 = 1,000万円

最初はどうしても 100% 欲しいと思いますが、99%は人にあげて、1%を得る度量の広さが必要です。人に任せてビジネスが成り立つのなら、あなたは 0.1%でもよいのです。

この時に大事なのは、人に任せられる「仕組み作り」と、任せるほどの「仕事量」を確保することです。

あなたのビジネスですから、あなたが一番詳しいハズです。あなた以上に能力のある人を雇えることは、まずありません。

したがって、一般的な能力の人なら出来るように、ちゃんと仕組みを作る必要があります。

また、人に任せるには、それなりの量がなくては、ビジネスが成り立ちません。

世の中には、仕事ができる人はたくさんいますが、仕事を作り出せる人は少ないのです。自分で仕事をこなすより、仕事を作ることに集中しましょう。

あなたが成功するには、人に任せる度量を身に付け、仕組みを上手く作り、仕事を作り出せる人になることです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






億万長者養成講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。