1円玉貯金の凄い効果とは?

買い物する時、お釣りで財布がかさばる1円玉ですが、使い方を工夫すると、あなたが将来 億万長者 になるための、お金を得るツールになります。

方法はとても簡単で、1円玉(硬貨)を貯金箱に入れるだけです。ただしただ入れても効果はありません。

大事なポイントですが、『あなたが将来の収入増につながると思った行動』をした時に、その行動を評価して1円玉を貯金することです。

・「1件営業した」
・「業務が少し効率アップした」
・「ネットショップを1ページ増やした」
・「文章を工夫した」
・「投資に関する本を読んだ」
など、何でもかまいません。

本を1冊読むことが、ハードルが高いと思った場合は、1章ごとに1円貯金するとか、細かく設定することも有効です。

行動の種類によって、1円玉の数を増やしても良いでしょう。「この行動は高く評価できるので、1円×10枚にしよう」とか。

評価するのはあなた自身なので、自由に決めましょう。

コツは最終目標は大きく、目の前の行動は細かく分けることです。どんな行動を評価するのかも重要です。

仕事中で貯金できない時は、貯金用の小銭入れを用意するといいでしょう。夜家に帰ってまとめて貯金しても良いのですが、行動を行なった直後に評価するほど、効果が高くなります。

1円玉貯金をすることで、普段の自分自身の行動に注意がいくようになります。「今の行動は評価に値するのか?」といった感じです。

どんな些細な行動でもかまいません。評価できる行動はいっぱいあります。

わざわざ貯金箱を用意する必要はありません。おすすめは「おーいお茶」の2リットルペットボトル(取っ手付)です。すごく適しています。ペットボトルの注ぎ口が大きいため、お金を入れやすく、取っ手まで付いて持ちやすいです。

【1円玉を使うメリット】
・本当のお金なので、ありがたみが実感できる
・実際に価値がある
・誰でも持っている
・入手しやすい
・貯金する時に心理的、経済的な負担が少ない
・1円玉を大切に扱うようになる
・1円は1gなので、重さを量るだけで、貯まった金額が大体わかる
・1円玉10枚を10円に換えてあげると、喜んでもらえる

お金は汚れなどが付着しているので、正確ではありませんが、事前に空のペットボトルの重さを量っておくと便利です。

また、貯めるのは5円玉や10円玉でもかまいませんが、100円玉だと行動すること自体のハードルを上げてしまいます。大事なのは行動しやすくすることです。


【銀行で預金する】
ある程度貯まったら、銀行で預金しましょう。最初は窓口で大量の1円玉を出すのは、気が引けるかもしれません。

しかし1円玉が集まったものが1万円札なのです。お金に上下はありません。自信を持って預金してください。あなたの行動の証でもあるのですから。

銀行は両替なら手数料がかかりますが、預金なら無料で行なってくれます。銀行によるかもしれませんが。

★このお金は、将来の投資のためだけに使いましょう。

もし1,000円にしかならなくても、別の形でお金が増えているはずです。

★なぜなら1,000円貯めたということは、1,000回行動しているからです。

行動 = 結果

行動と結果の関係は切り離すことができません。実は貯まった金額より、行動したことが重要なのです。

例えば、評価した行動がネットショップの運営に関連するものだったら、商品が売れるとか、問い合わせが増える、感謝のメールをいただいた、といったような結果が必ず現れます。

運良く宝くじに当たるのだって、「宝くじを買う」という行動がなければ、当たりませんよね。

お金が貯まる楽しさを、ゲーム感覚で覚え、さらに行動が増えることが、1円玉貯金のメリットです。1円玉の量が行動のバロメーターになります。

最初は少なく、効果が実感しにくいかもしれませんが、だんだん増えていくと効果が必ず出ます。小さな効果にも気付いてあげてください。この貯金箱が、将来あなたの口座にお金を増やします。

貯まったお金は1万円くらいから、将来のために投資しましょう。

子供の教育にも有効です。お金を貯める習慣が身に付き、行動は勉強などを評価すると良いでしょう。ただお小遣いを上げるより、ずっと効果があります。


【結果が出ない時】
・貯金箱の1円玉が少なくありませんか?まだまだ行動が不足しています。

・評価した行動が、結果に結び付くものではなかったということです。評価する行動を変えてみましょう。

ただし、今のあなたにとっては効果が無かっただけで、将来に結果が得られることもあります。どんな行動が結果に結び付くのか、何度も調整しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






億万長者養成講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。